自分に合った金融商品ってなんだろう

物価が高くなり、相対的にお金の価値が下がる現象がインフレです。
その逆に物価が下落する現象がデフレで、先ず企業の収益が悪化します。
物の値段が下がることで企業の収益は下がります。
そこで利益を確保しようと、コストカットを行うのですが、その中には人件費も含まれます。
収入が減ることで消費はさらに冷え込み、それが企業の収益を悪化させることになり、その連鎖がデフレ・スパイラルです。
個人消費の冷え込みは企業の業績を悪化させることになるので、株式市況も敏感に反映します。
特に株式は景気を先取りした動きをします。
ゆえに不景気の時は株式市場も冷え込むことになります。
また、輸出産業は為替レートで業績が左右し、1円ほど円高進むだけでも相当のコスト増となります。
日本の主要企業は輸出を主体にしている業種が多いため、為替の動向は株式にも影響を与えます。
物価が上がり、現金の価値が下がると、資金は先の景気を反映する株式市場に流れ込みやすくなります。
これが物価・経済動向と株式市況の関係性です。
ただし、原材料や食料などを輸入していることから、急激な円安は物価上昇を招くことがあります。
これに企業の業績が追いつき、個人の収入にまで反映されるかどうかが成長の鍵を握ります。

コメント

コメントを受け付けておりません。