自分に合った金融商品ってなんだろう

金融商品を比較するときには、まずリスクを考える事が必要となってきます。リスクというのは色々な意味がありますが、損をする可能性だと考えれば良いでしょう。
例えば、債券の場合には、デフォルトリスクがあります。利回りの高い債券ほどリスクは高いという傾向はありますから、利回りでリスクを把握するのも良い方法だと言えるでしょう。投資適格債なのか投機的格付け債なのかの区別は最低でも必要です。
価格変動もリスクの一つだと考えられます。債券に比べると株式は価格変動が大きいですから、リスクも大きいと言えるでしょう。
最近では国内資産だけではなくて海外資産にも投資しやすくなってきています。海外資産に投資をするときには為替リスクがありますから、これについても把握しておくことが必要となってきます。
色々な金融商品を見るときには、このようなリスクに着目していくのが良いでしょう。こうすることによって色々な資産の特徴をつかむことができます。利回りとリスクの関係は債券にのみあるものではなくて、全ての金融商品に通じるものだと言えるでしょう。ですから、リスクを見ることによってどれくらいの利益を得られるのかを、ある程度は知ることができます。

コメント

コメントを受け付けておりません。