自分に合った金融商品ってなんだろう

近年では金融商品は様々な種類のものが販売されるようになっています。しかし、銀行で購入できる金融商品と証券会社では購入できる金融商品に違いが生じています。日本では金融の自由化によって、銀行でも保険や証券などを販売することができるようになっていますが、証券においては投資信託しか販売されていない状況があります。それに対して、証券会社では投資信託の他に個別株式やETF、REITといった幅広い証券の取扱いがあります。したがって、投資信託の購入場所としては、どの金融機関でも問題がないですが、個別の株式などに投資したい時には証券を専門とする会社で取引をする必要が出てきます。証券取引を専門とする金融機関では、各種の証券取引に詳しい営業マンなどから詳しい説明を聞くことが可能となっています。しかし、他の金融機関の窓口では証券などに関して、あまり詳しくない人が対応する場合もあるために注意する必要が出てきます。また、最近では各種の金融商品をインターネットでトレードする人が増えている状況があります。そのため、インターネットで取引ができる環境がある金融機関かどうかを確認しておくことも重要です。なお、インターネット専業の金融機関であれば、取引手数料が安くなることもあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。