自分に合った金融商品ってなんだろう

目的と計画

カテゴリー 未分類

金融商品を選ぶときには、まず目的を明確にしておくことが必要となってきます。老後の資金のために用いるのであればかなり長い期間にわたって投資をすることになります。そうではなくて、例えば2年間は使わない資金があり、それを活用するというのであれば投資期間は限られてくるでしょう。
このようにして、何のために用いるのかを明確にしておくことによって、投資の計画にも影響してきます。何十年後日に必要となる資金を確保するためには、価格変動の大きいものに投資をすることもできるでしょう。例えば、株式を中心にして取り引きをするというのは良い方法だと考えられます。
しかしながら、2年後に必要になるというのであれば、短期的な価格変動が大きいものには投資はできません。格付けの高い債券を中心に投資をしていくのが良いと考えられるのです。
期間が定まった場合には、投資した資金を回収する期間を設定することが必要となります。老後の資金で60才から資金を使い始めるというのであれば、50才から55才くらいには投資した資金を回収し始める事が必要となってくるでしょう。この時期には株式を徐々に売り始め、価格変動の小さい債券に組み替えていくのが基本的な方法です。

コメント

コメントを受け付けておりません。